ociacco-tai

3.11東日本大震災 東北応援プロジェクト  笑顔を届ける「おちゃっこ隊」

<< 2013-07- | ARCHIVE-SELECT | 2013-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【2013年8月】 流しそうめんと花火☆

お盆明けの17日(土)にいつもの女川の仮設住宅へお邪魔してきました。
流しそうめんと花火での夕涼み会。
お声がけすると、甚平を着たY君が真っ先に飛び出してきてくれました。
夏休みで遊びに来ていたお孫さんたちもいて、いつもより子どもが多めで
賑やかな一日になりました。

長くて立派な流しそうめんの台は、去年と同じくTさんが山から竹を切り出してきて、
手作りしてくれたもの。数日前から用意してくれたのだそう。
高さを合わせて竹の三脚で固定して、水の流れ具合を調整したら準備完了。

午後3時をまわってもまだ暑すぎるくらいの日差しの中、流しそうめんが始まりました。
まずは子どもたちが元気に挑戦。取れたー!と歓声もあがります。たくさん食べた後は
おそうめんを流す係も担当。ちょっぴり大きな固まりが流れていくのはご愛嬌(笑)
夕方には大人たちも参戦。カラっと揚がった天ぷらも人気でした。

IMG_3264.jpg IMG_3265.jpg
IMG_3290.jpg IMG_3269.jpg

フルーツやかき氷などデザートも充実。
大きな大きなスイカはお母さんたちが用意してくれていたもの。
山形尾花沢のスイカは甘くてとってもおいしかったです。
横浜から参加のKちゃんはみずみずしい梨を箱いっぱいに持ってきてくれました。
女川へ行くと話したら、ご近所の梨農家さんがみんなに食べてもらってと
たくさんオマケしてくれたそう。
実験的に炭酸でシュワシュワのぶどうも作ってみました。

バルーンアートは前回に続き大人気。子供たちもお母さんたちも教わりながら、
一緒に犬やライオンなどを作っていました。
できあがったバルーンを自慢したり、時々バンと割れる音にみんなでびっくりしたり。

日が暮れてから、みんながお待ちかねの花火。
今回は去年お母さんからリクエストがあった打ち上げ花火も用意していきました。
子どもたちが手持ちの花火を楽しむ傍らで、縁台に腰かけたお母さんたちはおしゃべり。
線香花火は大人も子どもも大好きで、どれだけ長くできるか競争も。
打ち上げ花火は小さいながらもなかなか見応えがあり、みんな喜んでくれました。

IMG_3268.jpg IMG_3278.jpg
IMG_3273.jpg IMG_3274.jpg

お父さんからは、先日行われた「獅子振り披露会」のお話も聞くことができました。
女川の獅子振り(獅子舞)の全15団体(当日は1団体欠席で14団体)が、震災後初めて
一堂に会してのお披露目会で、鎮魂と感謝の意を込め月命日である8月11日に実施されました。
大勢の人が集まり、獅子振りの復活に盛り上がったみたいです。
桐ヶ崎の中で参加にさほど乗り気じゃなかった人たちも、やって良かったと言っていたそう。
来年もまた披露会を実施したいと希望も出ているようですし、再来年(2015年)には
女川港の岸壁の修理も終わり、いよいよ「みなと祭り」が復活できるかもしれないそうです。

◎ご参考 2013年8月11日「復活!獅子振り披露会」の様子
http://www.youtube.com/watch?v=4sALmM0heyI


スポンサーサイト

| おちゃっこ隊の活動 | 23:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。