ociacco-tai

3.11東日本大震災 東北応援プロジェクト  笑顔を届ける「おちゃっこ隊」

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【7月】流しそうめん&足湯とお茶っこ飲み

花壇づくりから少しだけ時間があいてしまったので、なんだか久しぶりな感じがします。
日曜日に、おちゃっこ隊初参加の3人と、女川が大好きな学生さん、
静岡から鳴子温泉に来ていたご夫妻も加わっていただき、10名程の賑やかなチームで、
いつもの女川 桐ヶ崎の仮設住宅へ行ってきました。

数日前には雨だった予報もどこへやら。
真っ青な空がひろがって、まさに流しそうめん&足湯日和。
お茶っこ飲みと、他にも小さなサプライズもたくさんお届けできて、
楽しい時間を過ごすことができました。

IMG_1274.jpg IMG_1272.jpg

テーブルと縁台を並べた足湯スペースは、テントの日陰でほどよい感じに。
足湯のお湯は鳴子温泉のすがわら旅館さんから分けていただいた原泉。
声をかけるとすぐに数人のお父さんお母さんが来てくれました。
鳴子は桐ヶ崎の人たちにも馴染みの深い場所なので、「鳴子のどこから?」
「鳴子の旅館はどこも行ったことあるよ」と会話が自然に出てきます。

流しそうめんの台は、花壇の時にも大活躍してくれたTさんお手製。
竹を切って、全長10m近くもある本格的なものを作ってきてくれました。
小学生のMちゃんもおそうめんを流してくれたり、
まだ小さいYくんも一生懸命お箸でつかもうとトライしていたり、
大人も子どももみんなでワイワイ楽しくいただきました。

この日の夏のような気候に、Tさん特製のカルピスのかき氷は大人気。

IMG_1296.jpg IMG_1298.jpg

Sちゃんはアロマを使ったマッサージが得意。
お母さんたちは足湯&マッサージでとても気持ち良さそうでした。

イラストを描くD君は、その場で似顔絵を描いてプレゼント。
一人描いたら、他のお母さんたちからもリクエストが来て大忙し。

IMG_1283.jpg IMG_1282.jpg
IMG_1305.jpg IMG_1294.jpg

お茶っこ飲みのテーブルには、東京の友人たちがアイシングやチョコで
デコレーションした可愛いクッキーも並びました。中にはOnagawaの文字も。
Y君は絵の付いたクッキーがとても気に入ったみたいで、片っぱしから食べてました(笑)

IMG_1270.jpg IMG_1278.jpg

女川は今は銀ジャケの水揚げの真っ最中。桐ヶ崎の浜でも銀ジャケを養殖しています。
朝水揚げしたばかりの銀ジャケをバター焼きにしていただきました。最高の贅沢。
手作りのおはぎやお漬物も。どれも本当に美味しかったです。

お休みでご自宅にいたお父さんは、いつの間にかお出かけしたと思っていたら、
お土産にと、取りたてのホタテをバケツいっぱいに帰ってきました。
足湯や流しそうめんには参加されていなかったけど、私たちが来ていることを
ちゃんと気にかけてくれていたみたいで嬉しいです。
ホタテはみんなで分けて、家まで大事に持って帰りました。これまたとっても美味しい。
(すごくオイシイものを食べた時にオイシイ以外の語彙が見つからないのが哀しい。。)

IMG_1308.jpg IMG_1313.jpg
IMG_1311.jpg IMG_1312.jpg

帰り際には、いつも通り1軒ずつ回ってご挨拶。
今回は手作りガラスのお箸置きのプレゼントもお届け。東京でガラス工房をしている友達と
生徒さんたち15人位で、桐ヶ崎の方に贈りたいとみんなで作ってくれたもの。
これからの季節にぴったりな涼しげなギフトに、「わー、キレイ」「貰っていいの?」と
とっても喜んでくれました。Mちゃんはピンクのお箸置きがお気に入りでした。

IMG_1269.jpg

おちゃっこ隊はものすごくラッキーだと、最近よくよく思います。
一緒に参加してくれる人たち、現地には行かれないけどと応援してくれる人たち、
たくさんの人たちのお陰で、おちゃっこ隊は活動できていて、
活動の内容もできることの幅もぐんっと拡がっています。
改めて振り返ってみたら、実は去年の9月からずっと、誰かにして貰ったことばかり。
完全に他力本願な感じです(笑)

それから、待っていてくれる人たちがいることもすごく幸せ。
Mちゃんのお父さんは「Mちゃんは、おちゃっこ隊が来る日は外に遊びに行かずに
楽しみに待っているんだよ。」って言っていたそう(泣)
昼間はお仕事しているお母さんは、帰りがけに声をかけると、「今日は夕方まで
いるんじゃなかったの?」とがっかりした様子。
Y君のママも楽しみにしてくれている。Y君は少しシャイで、おはようって声かけても
下を向いて、なかなか私たちのところには出て来なかったのが、いつの間にか
みんなの中に溶けこんでいて、結局そのままずっといてくれた。
私たちが来るからと、銀ジャケやホタテを用意してくれるお父さんたち。
いろいろなお料理を出してくれるお母さんたち。

みんなの気持ちが本当に嬉しいし、感謝です。


ふと思ったのですが、おちゃっこ隊は縁側みたいな存在でいたいなと。
普段の生活の中で、子どもからお年寄りまでみんなが集まってくるような場所。
お茶をしたり、他愛もない話をしたりできる場所。
それと、みんなの想いを繋ぐ郵便屋さんにもなりたいかな。

そんな程よいユルさで、これからも続けていけたらと思います。

スポンサーサイト

| おちゃっこ隊の活動 | 02:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ociacco.blog.fc2.com/tb.php/15-31374de8

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。