ociacco-tai

3.11東日本大震災 東北応援プロジェクト  笑顔を届ける「おちゃっこ隊」

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【2012年11月】秋の芋煮会

秋と言えばやっぱり芋煮。ということで、先週日曜日女川で芋煮会をしてきました。
おちゃっこ隊が桐ヶ崎で初めてやったイベントが芋煮会。あれから季節が一巡りしました。

芋煮の他には、鳴子温泉の原泉を使った足湯も用意。
加えて、花壇の植え替えも実施することに。
5月に一緒に花壇作りをしたグループの有志がお花を持って合流してくれました。
総勢16名の大所帯。賑やかなおちゃっこ隊になりました。

いつも通りお声がけすると、ほどなく人が集まってきてくれます。
すぐに花壇の植え替え作業が始まりました。今回はパンジー、ビオラ、ナデシコなど。
お花はやはり大人気。これから寒くなるこの時期に、花壇が華やかになってみんな嬉しそう。
3歳のY君もお手伝い。のはずが。。。彼にとって花壇は砂場と化してました(笑)

小学生のMちゃんは前日にディズニーランドに行ってきたって、
デージー(ドナルドのガールフレンド)のコートをお披露目してくれました。

kadan1.jpg kadan3.jpg
kadan4.jpg kadan2.jpg

集会所の中では芋煮の用意。
ところが。
お母さんたちはみんな花壇に行ってしまい、芋煮側にお母さんが一人もいない状態に。
東北出身ではないおちゃっこ隊のメンバー。芋煮の作り方が分かりません。
前回同様お母さんたちに教えてもらう気満々でいたので、このままでは
芋煮が食べられないのでは!?という不安が。。。
まずは出来ることからと、お野菜を洗って切り始めます。

そうこうしている間にお母さん二人が駆けつけてくれました。ほっ。
そこからは一気に動き出しました。お母さんの皮むきは見事な早さ。
おちゃっこ隊メンバーの3倍くらいのスピードで、みるみる皮むきが終了し、
ちゃきちゃきと指示を出してくれます。

そして衝撃的な言葉が飛び出します。
白菜ある?
えー、白菜いるんですか!?思わず聞き返しました。
去年とだいたい同じ食材持って行っていたはず。
だけどその時に白菜のことは一言もなかったのです。

仙台の人に後でその話をしたら、「あー、白菜忘れちゃいましたかー」と。
どうやら仙台から女川のあたりでは芋煮に白菜は基本だったみたいです(><)

食べてる時に、他のお母さんには「白菜くださーいって家回れば良かったのよ。
うちにはあったのに。」とも。
なるほど。包丁やまな板、調味料などよくよくお借りしているのだから、
白菜もお願いしたら良かったんですね。
どこのお宅も白菜のお漬物を作ってるから、白菜は常備野菜なはずでした。

毎回行く度に教えて貰えることがたくさんあって、そんなやり取りもまた楽しみの一つです。

imoni5.jpg imoni4.jpg
imoni3.jpg imoni1.jpg
imoni2.jpg imonni7.jpg

芋煮の仕込みが終わり出来上がりを待つまでの間、足湯が始まりました。
7月と同じく旅館すがわらさんから分けて頂いたお湯は、少しぬめりのある美肌の湯。
Nちゃんの指導のもと女性陣はハンドマッサージに挑戦。
男性陣も負けずに肩もみ。
みんなリラックスしています。

ashiyu3.jpg ashiyu2.jpg
ashiyu4.jpg ashiyu5.jpg
ashiyu1.jpg

イラストが得意なT君は、みんなの似顔絵を描いてまわっていました。
似顔絵は毎回とっても喜ばれます。
7月にD君が描いた似顔絵を持ってきて、自慢しているお母さんたちもいました。
大事にしてくれているみたいでした。

nigaoe2.jpg nigaoe.jpg

芋煮ができ上がる頃には、たくさんの人が出て来てくれました。
お母さんたちは、お漬け物やおはぎも持ってきてくれたりして、
大勢でワイワイおしゃべりしながら食べる芋煮は、とっても楽しくておいしい。
おかわりする人たちもいっぱいいて、作った芋煮は全て完売。よかった。

itadakimasu1.jpg itadakimasu4.jpg

去年と同じ芋煮会。
だけど全然違う。

去年はおちゃっこ隊は外から来たよそ者。完全にアウェーです。
私たちも初めての活動だから全てぎこちなく、慣れてないから何やるのもいっぱいいっぱい。
白菜のことだって、わざわざ言い出す雰囲気じゃなかったはず(笑)

今回は桐ヶ崎の人たちが楽しみに待っていて、迎え入れてくれる。帰ってきたって感じでした。
芋煮を作るのも、足湯や花壇の植え替えも、みんなで一緒にやっている一体感があり、
なんだか心がほわっと温かくなる時間が過ごせました。

桐ヶ崎の人たちの気持ちにも少し余裕が出てきた気もします。
ぐんっと明るくなったみんなの笑顔が本当に印象的でした。

うまく言えないけど、一年ってこういうことなんだなーと実感できたそんな芋煮会でした。
きっと来年はまた少し違う形の芋煮会になるんだろうな。
またこれからが楽しみです。


*****************
以下、備忘メモ (^^)b

◎芋煮の材料(桐ヶ崎風)
・豚肉
・里芋
・白菜・・・忘れずに!!
・にんじん
・大根
・ごぼう・・・皮むきは金タワシにおまかせ。
・ネギ・・・多めがベター(Mちゃんは嫌いらしい)
・きのこ(舞茸、えのき、しめじなど)・・・お家によって入れる派と入れない派があるらしい。
・れんこん・・・これまた家によって。入れない派が多い?
・豆腐
・こんにゃく・・・玉こんにゃくを使ったらお母さんたちに人気。
・味噌
・ほんだし・・・これもマスト。去年なくてお母さんたちが持ってきてくれました。
・お酒
・塩

◎調理のポイント
・里芋とこんにゃくは下ゆでする。
・お野菜は炒めてから煮るとコクがでる。

スポンサーサイト

| おちゃっこ隊の活動 | 14:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ociacco.blog.fc2.com/tb.php/18-39eea6aa

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。