ociacco-tai

3.11東日本大震災 東北応援プロジェクト  笑顔を届ける「おちゃっこ隊」

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【2014年4月】 アートで遊ぼう♪

4月12日、2ヶ月ぶりの女川は快晴。雲一つない青空に迎えられました。
桜はもう今にも咲き出しそうなくらいピンクの蕾が膨らんでいました。

今回はJさんを先生にお絵描きの会です。
臨床アートという、誰でも簡単に絵が描けてしまうという魔法みたいな手法で、
脳みそも活性化されるので、認知症の予防などにも使われているのだそうです。
と、難しいことは抜きにして、とにかく楽しんでもらうのがプログラムの目的。

テーマはりんご。まずは各々りんごを手に取って観察。それから、匂いを嗅いでみたり、
叩いて音を確かめたり、実際に食べてもみたり。五感をフルに使ってりんごを感じます。
描き方も独特で、輪郭を書いて色を塗るのではなく、始めは中心部の小さな種から。
最初に使う色も、りんごの中身なので赤ではなく黄色や肌色だったりします。
だんだんと円を大きくしていき、感じたままに好きな色をどんどん重ねていきます。
すると不思議なことに、りんごらしくなっていくのです。
絵が苦手な私も挑戦したら、ちゃんとりんごの形が出来ました。

幼稚園みたいだねーと和気あいあいと始まり、時々集中して無言になる場面も。
りんごの絵ができ上がったら、今度はハサミで切り取ってコラージュに。
額に入れたら立派なアート作品が完成しました。
始める前は絵なんて描けないよと仰っていた方も、仕上がりに満足の様子。
みんな喜んでくれて、またやりたいという声もいただきました。

IMG_3987.jpg IMG_3994.jpg
IMG_3982.jpg IMG_2575.jpg

頭も手もしっかり動かした後のお昼ご飯。春らしく筍ご飯としらす汁を用意しました。
しらす汁はお母さんに教わりながら、初めて作りましたが、おいしくできました。
もっとも、味付けは完全にお母さん任せでしたが(笑)

しらす(小女子)は、この日の朝、女川港で水揚げされたばかりのものです。
去年は時化で入手できなかったから、念願叶って嬉しさも二倍。
生のしらすは、すごく透き通ってキラキラ光っていて美しい。
そして、翌日にはその姿もすっかり変わっていて、生しらすが貴重なものだと知りました。

食事の後は、お茶っこしながら、みんなの作品の鑑賞会。どれも力作ばかりでした。
お茶は緑茶ではなく紅茶にしてみました。Kちゃんが提供してくれた美味しい紅茶です。

IMG_3990.jpg IMG_3993.jpg
IMG_4001.jpg IMG_4005_1.jpg

女川での工事は今年に入り本格化してきました。(これまでもあちこち工事中でしたが、
ここにきて目に見える形で変わってきた感じがします。)
町の中心部は、来年の春に開通を目指す女川駅とその周辺の盛り土が進められています。
3月に竣工された災害公営住宅の第1弾は入居が始まったそうです。
私たちが伺った桐ヶ崎も、住宅用地を作るため仮設住宅に隣接する山が伐採され始め、
浜は新しい堤防の工事の真っ最中でした。
3年経ってようやくですが、いよいよ動き出したという実感が出てきました。
来年の今ごろには、新しい女川の町の姿が見られると思うと、とても楽しみです。

IMG_4010.jpg IMG_4011.jpg

以下、備忘メモ。

◎しらす汁
・小女子
・絹豆腐
・ねぎ
・にら
・出汁(ほんだし。今回は特別に、お母さんが娘さんから頂いたという茅乃舎のお出汁で。)
・塩
・酒
・めんつゆ


スポンサーサイト

| おちゃっこ隊の活動 | 16:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ociacco.blog.fc2.com/tb.php/37-8a3e4b20

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。