ociacco-tai

3.11東日本大震災 東北応援プロジェクト  笑顔を届ける「おちゃっこ隊」

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【2014年10月】 秋と言えば・・・芋煮会♪

秋です。今年も芋煮会のシーズンがやってきました。
芋煮会でスタートしたおちゃっこ隊にとって、芋煮会は年度初めみたいなもので、
思い入れも強く、やっぱりこれがないと始まらない気がします(笑)

10月12日(日)桐ヶ崎仮設住宅へ行ってきました。
いつものように、お母さんたちとおしゃべりしながら一緒に芋煮を作ります。
材料は先に炒めるか炒めないか。家によって違うのですが、あるお母さんは、
油で炒めないとコクが出ないと言います。
お味噌は2月に鳴子で作ったお味噌も入れました。
お母さんたちが作ってくれる芋煮は優しい味で、ついついお代わりしてしまいます。

Tさんが自分の田んぼで取れた新米を持って来てくれたので、ご飯を炊いたら、
そのままよりおにぎりの方がいいわよと、ちゃちゃっと塩にぎりを作ってくれます。
新米のおにぎりは美味しいと大好評でした。

芋煮ができるまでの間にと、がんづきを持って来てくれたお母さんもいました。
醤油が入ったがんづきは、とっても美味しくてペロリと食べてしまいました。

DSC_3239.jpg DSC_3243.jpg
DSC_3246.jpg IMG_4797.jpg
IMG_4798.jpg IMG_4804.jpg


小学3年生のYちゃんが、おちゃっこ隊メンバーとしてまたまた参加してくれて、
2月の時に仲良しになったR君と元気に駆け回っていました。

Mちゃんは、最近は部活などで忙しくて、なかなか会えない日も多いのですが、
この日は待っていてくれました。(やったー!)
だけど風邪引いていて、ちょっと辛そうだったな。
中学生になったMちゃんは、もうすっかりお姉さん。
恋バナなんかもしちゃったり、「ちゃらい男の人に引っかかっちゃダメだよー」と
私たちを諭します。(こんなこと書いたら怒られるかしら。笑)

Tさんが持ってきた折り紙の切り絵は、子どもたちに大人気。
Yちゃんが器用に蛙の切り絵を作っていました。
Sさんがホワイトボードにバカぼんパパを描くと、今度はお絵描き大会に。
Mちゃんは絵がとても上手で、いつも感心させられます。

Kさんの包丁研ぎも一年振りに登場。
ピカピカに磨かれた包丁を見て、自分の包丁じゃないみたい、とお母さん。

花壇は、前日にIさんたちが秋冬の花に植替えをしてくれました。
花壇が綺麗だとなんだか嬉しくなります。これから寒い冬がきますが、春になると
このお花たちが一斉に大きくなって、花壇が一気に賑やかになります。

おちゃっこ隊の訪問は、最近では2ヶ月に1回くらい、たったの4−5時間ですが、
こんな風に過ごせる時間はとても嬉しいです。

DSC_3231.jpg DSC_3232.jpg
DSC_3245.jpg DSC_3250.jpg
IMG_4806.jpg DSC_3237.jpg
DSC_3261.jpg DSC_3265.jpg


女川の町の中は、盛り土の工事がどんどん進んでいて、女川駅の駅舎の形も見えてきました。
水産加工団地と言われる市場近くのエリアには、工場の建築ラッシュが始まりました。
女川は、いよいよ目に見えて動き出しました。
震災から丸4年を迎える来年3月は、女川駅が復活するし、一つの節目になりそうです。

DSC_3271.jpg DSC_3272.jpg
DSC_3273.jpg DSC_3274.jpg


スポンサーサイト

| おちゃっこ隊の活動 | 11:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://ociacco.blog.fc2.com/tb.php/39-7b433361

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。